BL妄想を現実に行う際は、全然知らない人の方がはかどる

良質なBLとは

職場の同僚や近所の人より、全く知らないカフェで隣りの席に座った男子学生や、飛行機で隣に座ったリーマンの方がBL妄想しやすい。
知り合いだと事前情報があって、わたし如きの腐女子レベルだと妄想するのが難しい。
腐女子であることを隠していないと「妄想しないでね」って、たまに言われるけど、そんな簡単にできないよ(´・ω・`)こっちにも選ぶ権利はあるんだぜ。

その点、街中で見かける仲の良い学生やリーマンはごちそうさまですね。特に学生。
最近は勉強時間をお互いに監視しあうアプリとかあるんだけね。先日、図書館で隣の席の高校生が使ってて、んーーー(vωv)
学生ならではの競争心溢れていたり、いまいちデリカシーのない会話がたまらない。

反逆のBL

運転していると並んで自転車をこぐ男子学生がよくいる。しかも交通量が多い道で。
轢いてしまいそうでかなり怖いし、追い抜けなくてイライラする。そういう時は「この子たちは危険を冒してまで並んでお喋りしたいんだ」と思って心を落ち着かせます。
かってにカップリングしてやったぜ!

一番好きなBL

一大ブームをおこした某擬人化漫画に影響されて腐ったけど、流行が廃れてからはこれ!というBLジャンルがない(´・ω・`)
これ!というのがないだけで流行りものを美味しくいただいているけど。
なので、今一番好きなものというか、一番テンションが上がるのは街中で見かける仲良しメンズかもしれない。

あとはスポーツ選手同士が仲良いのも和むね。
フィギュアスケートが好きとしては、今週末からのグランプリシリーズでどんな仲良し映像が拝めるかワックワク!