松山で人生を充実させるための家を買う
⑤三井ホーム完成見学会

完成見学会の流れ

初めてのモデルハウス以外の見学。
桧家のモデルハウスの影響で実際に住む家に近い面積で見なければと思い、32坪の家に行ってきた。

まずはパルの三井ホームモデルハウスで営業さんと合流。
地図をいただき、現地へGO!
赤子がいるので自車で向かった。

到着すると手袋を装着して玄関へ。
シューズクロークなしのお家だった。さっそくモデルハウスとの違いが!
見学した家はオーナーの希望でリビングとダイニングが別だった。1階はリビング、リビングに隣接する和室、キッチン、ダイニング、収納の順番で見て回った。
2階に移動し、室内干しエリア、ベランダ、寝室、WIC、子供部屋、風呂、屋根裏収納を見て、それからいくらか雑談をした。

雑談からは完成見学とは関係なかったけど、情報を収集できた。
・候補地の一つである空港通り周辺は外環状の完成が近いので価格が上がってきている。
・一般的には建物査定額は0円になるが、耐久性の向上と長期点検プログラムにより三井ホームの家は30年後でも3割ほどの査定額を出すことができる。
・建売住宅のコンセプトは「金銭的に余裕がない層のために、設備を削り安価な家を提供すること」そのため耐震性・気密性などの性能が低いことが多い。
・三井ホームはツーバイフォー工法を得意とするので、地震の時に建物が耐えるだけでなく家具も倒れにくい。

30坪前半という空間にどれだけ取捨選択していくか

今回特に感じたのは、とにかく狭いということ。
モデルハウスで32坪でも思っているよりは広いですよ~と言われたことがあったけど、思っている通り狭かった。
リビングとダイニングが分かれていたことで、より一層そう感じたのかもしれない。
私にとってはマイナスの印象を与えた間取りだけど、「くつろぐ空間を独立させたい、けど人の出入りは感じるようにしたい」というオーナーのこだわりがここなんだと思うと、家は人それぞれということがよく分かる。

そして狭いとなると一番妥協したくなる収納。シューズクロークがないのを見て、クロークに入る手間や玄関へ収納したいものを考えると私もいらない気がしてきた。友人宅やモデルハウスで見ると、とても便利そうに見えたけどいらないかな。
キッチンと風呂の棚に収納できる量が少なく、それに伴い大きくとっている収納スペースだけでたりるのだろうかという疑問がわいた。オーナーさんは物をあまり持たない主義なのかもしれない。うちは物をため込む習性があるから心もとなかった。収納をもう少し確保するためにどこを削るだろうか。。。。和室?

当初の目的通り現実的な広さを体感することができ、限られた空間にどの部屋・機能を取捨選択していくか、また空間を活用するのか考えていかないとな。

大手ハウスメーカーの魅力

今回一番魅力的だったのが全館空調!
暑さが本格化する前だったので「どこにいても快適!」という良さを体感できなかったが、衣服系にもたらされる効果がいい。全館空調だと温度・湿度が一定に保たれるため、曇っている日でも室内干しでちゃんと乾くらしい。さらに湿度が保たれているということは、WICに服をかけておくだけで服のコンディションも維持できる。
春夏秋の花粉症で年中マスクマンの私には室内干しはかなりポイント高い。ベランダの替わりにサンルームみたいな室内干しエリアがほしいもの。
室内干しとWICが欲しい我が家にとっては、全館空調はぜひとも欲しい設備にランクイン☆

全館空調といった設備や断熱性・耐震性の話を聞くと、設備や機能性への信頼度が大手ハウスメーカーの一番の魅力と感じた。

建築費は高くなるけど、設備や基礎がしっかりしていると20~30年でメンテナンスが必要なところ、50年ほどもったり、光熱費等のランニングコストが抑えれる。
すっごく単純に考えてみる。外壁塗装等のメンテナンスが200万くらいかかるとして、光熱費は毎年2万円節約できたとして50年で100万円。
松山の街方面で土地から探して家を建てようと思ったら、大手ハウスメーカーで最低4000万円、工務店や高品質低価格を売りにしているハウスメーカー、地元のハウスメーカーで3000万円弱かかる。
建築費がだいたい1000万円差があって、メンテナンスとランニングコストで300万円縮められるとして、、、
700万円差かぁ。すごく単純に考えてね。

住み心地や安心、信頼の差に、それくらいの金額差を出せるか。
これはもっと色々なハウスメーカーの話を聞かないと分からないなぁ。

何を優先して何を諦めるか

一番最初に決めていた通り、家を最優先にするつもりはなくて。
教育や趣味、家族旅行を我慢するような身の丈に合わない家は買わない。買わないぞ!営業さんのトークが魅力的でも買わないんだから!!

ただ、家という項目の中でも何を優先するかってある。
大手ハウスメーカーで建てたいから、少し狭い。
間取りを優先して広くしたいから、工務店にする。
はたまた土地代を下げるために候補地を堀江や北条の方に変えてみる。
第3案として中古リフォームを考えてみるとかね。

特定の場所で建てたい!や音楽をやっているから防音がほしい!といったこだわりがあると、優先する項目・妥協する項目を選べるけど、まだまだこだわりができてないから困ったもんだ。