松山で人生を充実させるための家を買う
⑧アイフルホーム松山西店モデルハウス

家を探すことで松山を知る

大手ハウスメーカーだけでなく工務店も見るため、アイフルホーム松山西店のモデルハウスへ行ってみた。
アイフルホームはフランチャイズで全国展開している建築会社。松山ではコウテイ建設株式会社が建てている。
これまでは家の間取りや性能の話にズームインしていたけど、今回は土地の話と工務店の話が主だった。
逆にモデルハウスの案内は特になく、好きなところを見て回って質問があればしてねという形だった。自分のペースで見れたけど、見るべき点はここであっているのか?とソワソワした(@-@;)

工務店と土地選びの話になると、たくさん教えてくれた。
松山で工務店事情や、予算で購入できそうな土地の雰囲気など。
松山に住んで5年くらいになるけど「へー!そうなんだ」と思うことがたくさんあった。

松山の工務店事情

松山は工務店、特にローコスト工務店がとても多いらしい。
何故かというと、賃貸の家賃がめちゃくちゃ安いから。これは松山で一人暮らしをしたことある人は実感したことがあるはず。
かくいう私も初めて松山で一人暮らしをした時に「社会人なんだから、少し良いところに住もう」と思っていたはずなのに、あまりの安さに、気づいたら安さを追求していた。
家賃が安いと一生賃貸にしよう!という人が多くなり、その層の人を引き込むためローコスト工務店も増えたというわけですね。

工務店が多いということは工務店の入れ替わりも多く、20年程で潰れてしまうところがほとんどとのこと。
そうなると家のメンテナンスをしてもらえなくなるので、潰れなさそうな店を選らぶことが大事。
潰れなさそうな工務店というと、投資的な目が必要になってくる、、、よね
。。。出来るかな。
とりあえず、現時点で長年続いている所や、国の補助金事業をしているかなどが目安になる。
あとはスーモカウンターで紹介してもらえる所は、事前にスーモカウンターが調べているので安心材料になる。

ちなみにアイフルホームのコウテイ産業は35年続いているので安心ですよ!という営業の流れでこの話を聞いた。

建築会社が教えてくれる、ここってこういう土地

わが家の大事な条件として、自転車通勤できて時間がかからないという項目がある。つまり市街から5km圏内の所で検討している。
広さは40坪くらいあると便利だと思ってて、三井ホームさんのかなり大まかな概算で土地が1000万円とでたので、予算は1000万円!

だったけど、話を聞いていると難しそう。
40坪前後で検討するとだいたい相場は1200‐1400。
1000万円で考えると場所は畑寺や山西、東野だとあるかもとのこと。参考までに和気や堀江のほうまで行くと700万円くらいであるみたい。
これは土地予算をあげないといけないかなー(´・ω・`)

土地の金額だけでなく、地盤の強度等災害への強さ、学区の評判なども教えてくれた。
こういった情報はハザードマップを見ると調べられるのと、あとはいろいろなHM・工務店に行った際に情報収集しておくといい。
不動産屋を巡って土地を見つけるのも有効な手だと思うけど、不動産屋は売りたい土地を売ってくることもあり、家を建てるのに向いている土地かどうかの判断を自分でしなければいけないので、素人の私はちょっと不安。
個人的には多くのHM、工務店に土地の情報と紹介をお願いする方が楽で確実。建築会社の方が不動産屋の秘蔵の土地(開発予定地)もとってこれたりするしね。
ただし、紹介してもらった土地はその建築会社でしか建てられなかったり、法的には他の建築会社で建てても大丈夫だけど営業さんにめっちゃ難色示されたりするのが難点。

今まで聞いた土地情報で参考になったものは以下の通り。

  • 南斉院北部から空港にかけては地盤が弱いところが多いので、補強工事150万円ほど多く土地にかかってくる。
  • 松山の高校は西エリアに多いので、子どもの将来の通学を考えると西エリアが便利かもしれない。
  • 椿、古川は人気エリアで高い。東に行けば安くなるけど川の災害の際つかるリスクが高くなる。
  • 衣山エリアは地盤が強め
  • 久米のあたりは駅が近く人気だが、地主さんなどの土地が多く出ることが少ない
  • 道後は坪単価50万円以上で殿上人の住むところ。樋又の上の方でも検討の余地がないほどお高い

また学区の情報もいろいろ教えてもらえる。
営業さんによって言うことが違うことも多々あるが、これは営業さんの年齢差だと思う。
その時いる先生の影響や、あとは6~10年たって生徒の雰囲気が変わったという範囲内の話。
ただ、だいたいの営業さんが「ちょっとやんちゃかもしれませんね」という学区もあり、いい学区を選ぶというよりは、候補地を除外していく面で役に立ちそう。

新しい視点で見る松山

これから一生を過ごす家を決めるわけだから、その土地について知識が増えていくのは当たり前のこと。
建築会社、候補地の近くに住んでいる人(児童館などに行ってママコミュニティの話を聞くとか)、友人に話を聞く。
はたまたハザードマップ等、ネットで安全面や住み心地を確認する。
そうしていくと、その土地で住むイメージがもくもくと膨らんでいき、けっこう楽しい妄想ができる。

今まではお出かけ道中の「ただの風景」だった公園や学校、スーパー、道幅、川、山といった色々なことが
「この公園は遊ぶと楽しそうだな」
「この道細いうえに交通量多いからストレスやな」
「この前の台風の時、ここ警報レベル2になってた川だな」
と、細かい生活感をもって見えてくる。

土地の情報ではないけど、家の外観やお庭が気になって、道行く家を観察してしまったり。
家探しをしている今の時期は、観察眼が発達して通勤や散歩が楽しくなる。
夫は通勤途中のお家をみて、ここは三井ホームさんで建ててそうとか、建築会社を予想するのが最近のブームらしい(^^)