羽生選手のファンとしての覚悟(大げさ)
~オータムクラシックを見て~

羽生選手のもっと色々な顔が見てみたい

以下のグラフを見てほしい。
オータムクラシックが始まってからの私のテンションの推移だ。

今期のプログラムや調子はずっとベールに包まれていた羽生選手。
オータムクラシックの登録で判明。
プログラムは何かと首を長くして待っていたから、「キターーーーーー!」と飛びついたとも。これがテンション上がった瞬間。

継続プロかぁぁぁぁぁ、予想してた(´・ω・`)
これがテンション下がった瞬間。

いやね、オタナルもオリジンも好きだよ。好きだけど、羽生選手にやってほしいプログラムたくさんあるんだよぅ。仮に北京オリンピックで引退するとしたら、あと4プログラムしかない。(ただし競技プログラムに限る。)
カルミナ・ブラーナやシルクドソレイユ、マラドーナ、カルメン、あと再演ならぜひともオペラ座の怪人をしてほしい。既に一つオーバーした(´;ω;`)
他にもドン・キホーテやタンゴ系も、あとあとボレロとかも!

ということで、羽生選手のファンとして覚悟しとかなければいけないのは「いつ引退するか分からない」
やれるプログラムも限られてくるんだよなぁ。あぁ切ない。

シーズン通して完成していくプログラムが楽しみ

大会中もいまいちテンションが上がらなかったのは、私も謎だった。

これは多分、プログラムの完成度が例年ほど高くないと感じたから。
おととしオリンピックシーズンのショパンバラードは最高だったのに比べ、今回のプログラムはジャンプに集中していて、他の部分でそこまで感動しなかった。

羽生選手は数年前に、ジャンプを飛ぶために滑るのではなくプログラムのためにジャンプを飛ぶというようなことを言っていた。
今回はジャンプに集中していたんだと思う。
足に爆弾を抱えている羽生選手。それと付き合いながら滑っていくには今まで通りではなくなるうだろうな。

ということで、もう一つ覚悟しないといけないのは全試合全力☆最高の羽生選手を求められないということ。
シーズンを通して完成度を上げていって、最後の最後に最高な演技が来ると信じて待つ、これがファンの務め。テンション下げてる場合ではない!!

といっても、大会後に演技を見ていると「いや、やっぱり素敵だわ。羽生選手艶やかだわ!!」とテンションが上がったわけだけど。

今までの羽生選手ではいられないんだろうなと感じつつ、今シーズンも楽しみで仕方がない。
今期は大きな怪我なく、ずっと楽しく滑る羽生選手を見られますように!