松山で人生を充実させるための家を買う
⑬セキスイハイム・建売住宅

32坪あるけど狭く感じる不思議

セキスイハイム、初見学。これで大きい所は5社目。
まだ早いかもしれないが、このあたりから大手だったら耐震性や家の基本的な性能はどこでも安心じゃないかと思い始めてきた。
採用している方法に一長一短があって、そのメリットデメリット、採用している会社の考え方に共感できるところを選んでいく作業なのかなと。

さてさてセキスイハイムの建売住宅、リビング・書斎・収納・風呂・キッチン・寝室と和室なしの普通の間取り、それで32坪くらいなので標準的な広さ、、、、だと思うんだけど、なんだか狭く感じる。

セキスイハイムなので鉄骨の気持ちで見学にいったら、実はこの建物、ツーバイシックス工法の木造。営業さん曰くツーバイシックスは鉄骨並みの強さを誇り、壁の厚さがそれを示しているとのこと。
それだ!
壁の厚みで狭く感じたんじゃないかと。。。

ツーバイシックスは狭くなるのかぁと思ったけど、一条工務店のツーバイシックスの完成見学に行ったときはそんなに狭く感じなかった。結局原因は分からずじまい。

そんな狭く感じた家でも使い方次第では、要望を叶えられそう。
何度か書いているが、私の一番の要望は「洗濯階層をワンフロアにすること。」
これを伝えると、換気システムをいれているので、収納スペースか書斎に竿を設置したら叶いますよとのこと。
そしたら収納が不便になるだろうにというツッコミは置いといて、要望は間取りだけでなく家の使い方でも叶えられるなぁと妥協方法を垣間見た。

ネガキャンの攻防

アイフルホームに行った話や地元工務店も見に行きたいという話をすると、でましたネガキャン。
住友林業では対大手ハウスメーカーの比較説明をしてもらったけど、セキスイハイムでは対地元工務店の比較説明をしてもらった。

大手ハウスメーカーの一番のメリットは保証という点。
愛媛は昨年(2018年)大きな豪雨災害があった。各ハウスメーカーやいくつかの工務店は被災地での家の状態を確認に入ったらしい。そこであった本当に怖いはなし。

築半年で被災したお家が全壊したそうな。
しかも600万ほどかけて設置した太陽光関連の設備が火災保険で対応してもらえずおじゃんになったとか。。。。

建物のアフターサービスとして構造躯体や水漏れ等を30年保証することも大手のメリットだけど、保険・保障についての説明や提供をできるのも大手の強みとのこと。
上記の場合大手ハウスメーカーだったら太陽光関連の設備に対応した保険は絶対につけてもらうが、地場工務店だとそこまで強く勧める必要がないと判断してしまったのかもと言っていた。

大手ハウスメーカーは広告費と営業費が大きく、絶対的に地元工務店より価格が上がるけど、こういうメリットは確実にある。

という、地元工務店に対するアドバンテージを強調するセキスイハイムだが先日、住友林業からのネガキャンがじわじわきていたとは思うまい。
やっぱり、換気システム気になるんだよね~
ツーバイフォー工法・ツーバイシックス工法は本来北欧の建築方式。
湿度の高い日本では断熱材などに影響が大きく、そのため換気システムや全館空調を入れている面がある。
換気システムはフィルターのメンテと、やっぱり排気が気になる。さらに機械物を家に入れるリスクも心配。

一長一短を知ってからの建築会社選び

ちゃんと知ってから建築会社を選びたいもんだ。
今回比較対象となった地元工務店もメリットが大きい。
最大の魅力は価格。軽く1000万円は変わってくるのは大きい。

耐震性や家の性能の面で差はあるけど考え方によれば、全然問題なし。
ほとんどの工務店が耐震等級3を獲得している現在、大きな地震がきても倒れない。その後住み続けられるかは別として倒れなければ、とりあえず命の危機は低減するから良しとしたらいいと思う。なんなら災害がなければ、耐震性能って無駄な出費ともいえるし。(南海トラフが怖いけども)
さらに性能面で差はあるけど、ランニングコストや定期的なメンテナンスを行っていっても1000万差を埋めるのは難しい。と考えると、やっぱり金額のアドバンテージは大きい。

大手同士について。
住友林業でデメリットとしてあげられた換気システムや全室空調、これはメリットでもあるんだよね。
工法による湿度対策もあると思うけど、実際に生活すると快適に感じると思う。特にわが家は洗濯もの除湿やにおいにこだわる夫がいるので、あったら嬉しい。
排気がどれくらい汚くなるかなんて、実際分からないし。

逆に住友林業は、自由な間取りの大きな売込みとして大きな窓を設置できる。けど、大きな窓が原因で断熱性・気密性が下がってしまう。
しかし全室空調や換気システムは採用しない。
となると、寒さや暑さが気になることだってあると思う。
二重サッシやアルゴンガスで窓の断熱性も上げているといってもどこまでのものか、実際分からない。

という風に、建築会社によって一長一短があるなと思い始めた今日この頃。
完璧なハウスメーカー・家はないと肝に銘じつつ、建築会社を選びたいもんだ。