松山で人生を充実させるための家を買う
⑱新日本建設・久保田モデルハウス

ワクワクするモデルハウス

正直言うと、家を見始めて10件を超えてくると飽きてくるんだよ。
玄関開けて広いシューズクローク、キッチンまで裏動線があります!や、WIC、家事室、スタディスペース・・・また同じような間取り。
最初こそ感動したけど、スタディスペースなんて「とりあえず作っときました感がある、狭いな」とディスり始める始末。

営業さんの話だって、耐震性が~断熱性が~メンテナンスが~
またその話か、、、、
とっても大事なのは分かるし、話してくれなかったらこっちから質問するけども
毎回毎回繰り返していくと、苦行に思えてきた。
「家探しも婚活も、スポ根の如くストイックに」が信条の私もさすがに飽き飽きだよ。

というテンションで行った新日本建設の久保田モデルハウス。
超楽しかった!!

だって入った瞬間、玄関に囲炉裏があるんだよ!
どうせシューズクロークがあるんだよ、知ってるんだよって所に囲炉裏!!
「なにこれ~、絶対いらない(笑)」
想像の斜め上すぎてテンション上がっちゃった。

前回の記事で吹き抜けは広さがないと素敵に見えないと書いたばかりだが、このモデルハウスの吹き抜けは素敵だった。
延床面積37坪ほどで特別広い家ではないが、吹き抜けが威力を発揮していた。
LDKで17畳だけど全然狭さがなく、新日本建設が得意としている木の質感と、南側の高さのある窓が吹き抜けとリビングの雰囲気を明るく温かいものにしていた。

ベランダもウッドデッキ風に作られ、部屋干し希望・ベランダ不要派の私の心にも刺さった。
初めてモデルハウスへ行った時と同じような、ワクワク感を与えてくれる見学だった。
体験宿泊もできるので、マイホーム購入の方はぜひ行ってみてほしい。

新日本建設の家の魅力

新日本建設の理念は自然派素材を使って、200年もつ家を作ること。
高縄山や久万に自社の山を持ち、自然乾燥の木を使って家を建てる。
自然乾燥には2~3年ほどかかるため自社で材木屋をしている会社でないと難しいらしい。(他社だと機械を使って半月ほどの作業)
自然乾燥のいい点は木の油が多く残るので撥水力が高く汚れが付きにくいこと。
コーヒーを零しても少しも染みませよと、実演までしてくれた。

また壁に使っている油脂珪藻土も素敵で、湿気を吸収してくれて湿度を50代にキープしてくれるとのこと。天然のエコカラットだね。

この床と壁のいい点は、メンテナンスのしやすさ。
メンテナンスのしやすさといっても業者にしてもらったり道具を用意してする系ではなく、、、
木の床は傷ついた個所に濡れたティッシュを置いておけば気が膨らんでごまかせます!
油脂珪藻土の壁は、汚れた個所を少し削って手で擦れば目立たなくなりますよ!
というもの。

おおらか!
これを実演してくれるからまた面白い。

また200年もつ家を目指すことから、構造躯体、雨漏りにかんしては永久保証してくれるとのこと。(といっても、15年目以降の点検は有料)
地場工務店なので倒産したらどうしようという点についても、既に35年続いている会社で、借金がないので、あまり心配しなくて大丈夫とのこと。
ちなみに200年たった家は古民家の部類になる予定らしい、素敵。

住友林業単独トップからのダークホース

現在、見積もりを進めている住友林業。
モデルハウスや事例集に見る家の雰囲気や間取りが素敵
30年で必要なメンテナンスが防蟻2回ほどで楽
なにより、大手がこだわりぬいた耐震性に安心を感じる。

対して新日本建設は
工務店としては高い価格帯だが住友林業よりは安い
家具を含め全面に木を押し出している。
モデルハウスに囲炉裏を付けちゃう発想
200年もつ家というコンセプトがすごい

安心やメンテナンスのことを考えると住友林業かなと思うけど、個人的には新日本建設さんのほうが楽しかった。ここにきてダークホースが現れたよ。
ということで見積をお願いすることに。
がんばって各社回ってよかった!

何が一番響いたかというと、他の会社との違いがはっきり感じれたこと。
いわゆる差別化というやつ。
自然派素材の徹底と200年もつ家というコンセプトは、我が家の希望にとてもあっているように感じた。

住友林業と新日本建設では良さが異なるところにあり、迷うことになりそう。
これは出てきた間取りと、あとは価格差の勝負になるだろうな。
見積もりも楽しみになってきたぞ!