松山で人生を充実させるための家を買う
㉒住友林業ホームテック・リフォーム実例見学会

めっちゃこだわりたいからこそ中古リフォーム

中古物件、中古リフォームという選択肢は価格を抑えるための選択肢だと思っていた。
今回見学した住友林業ホームテックの見学会では、こだわりがあるからこその中古リフォームというのを実感した。

中古物件はフルリフォームで気分を変えることもできれば、手を入れる所入れないところを分けて思い出を残すこともできる。
見学会を行っていた家は後者。とても広く立派な家で、飾り窓や欄間、大きな棟板を残しつつ、窓はすべて入れ替えて断熱性を7割ほど上げていた。

中古リフォームを選ぶ人は、 思いれのある物件を好きなように変えたい場合か、こだわりが強すぎて新築だと価格がとんでもないことになる場合の二つがあるらしい。
中古リフォームは割安で広く便利な家に住めるという利点がある反面、良い中古物件に出会うのは良い土地に出会う以上に難しいらしい。

住友林業の新築部門で見積を進めているからか、中古物件を見つけるのが難しいからか、新築をとても進められた。
自分で調べてみても、中古物件を見つけるのは難しいと感じた。
中古物件も前向きに検討していたけど、良いと思った物件すべてで耐震診断を行わないといけないのが、、、、すごくハードル高い。。。

また中古リフォームは新築と異なり行政に提出する書類が少ないため、制限が少なく自由度がかなり高い。
例えば今回のお家は2階の物置は壁紙などの仕上げを行っていなかった。施主さんが普段使わない場所の見目より、別の場所にお金をかけたいと判断したためらしい。
新築だと仕上げを行わない場所を作るなんてありえない。

このようにやること・やらないこと、変えるところ・変えないところを決めていく作業が中古リフォームのとても大変で楽しい作業らしい。

新築も同じくらい大変

変えるところ・変えないところこそないけど、新築も色々と決めることがある。
間取りに始まり、床材などの内装、外観、外構、キッチン等の設備。
キッチン等の設備はこの日にめっちゃ解説を受けた。
どこのメーカーでも同じに見えていたけど、リクシルは人工大理石かセラミックで雰囲気がいい、トクラスはステンレスで掃除がしやすいなど特徴がしっかりある。これをショールームに行って確認して選んでいく。
なかなかに大変な作業だな。

今は建築会社を選ぶべく、一生懸命色々な会社のモデルハウスや完成見学に行っている。
まだ2週間くらいしか本腰入れて頑張っていないけど、超疲れた。しんどい。
もう作業と化していて、今日は○○工務店、明日はマンション、明後日は・・・みたいな感じで就活みたい。

そんな私に営業さんからアドバイス。
会社選びは今が頑張り所。
でも、契約してからがスタートだから燃え尽きないように。

確かに・・・

目的は人生を充実させるための家を買うこと

そう目的は家を買うこと!
建築会社を選ぶことではないのだ。

一生懸命色々回って、とてもいい条件で家を建ててくれる建築会社と出会っても、契約後の打ち合わせをしっかりできないと良い家は建たない。
今のペースでこれから2か月も3か月も頑張ったら、契約後の長い道のりまで頑張れない気がする。
建築会社が決まって満足して「あとは任せます~」ってなっちゃうかも。。。。

ということで、建築会社選びは程々にがんばろうと思う。
自分の年齢と体力と限界をちゃんと考えるんだ。