松山で人生を充実させるための家を買う
㉘住友林業・見積もり打ち合わせ3回目

生活のイメージが湧いてくる3回目

楽々洗濯動線と広いLDKは手に入れた。
あとは・・・

3回目の見積もり打ち合わせでは細かい動線の調整と、棚や机等のサイズ感の確認を行った。
洗濯動線とLDKが理想の実現だったのに対し、玄関周りの動線やスタディスペースの広さの確認を行う作業は生活の具体化だった。
前回までの作業より、生活するイメージがかなり具体的に湧いた。

玄関周りの動線について、最近はやり・・なのかな?玄関の手洗い場の使いやすさを調整した。当初の設計図では玄関ではなく階段の前にトイレとセットであった。
・帰宅時にすぐ手を洗う
・1階の歯磨き用
以上の目的で作るので、玄関にあった方がいいのでは。
結果、リビング方面だけでなくトイレ方面にもドアを付けた。
帰宅時に手も洗えるしキッチン方面に家族用動線ができたし、いい感じ。

スタディスペースについて、うちはまぁまぁ大きくとっている。
子どもの勉強用だけでなく、私の趣味のスペースにしたいから。
フィギュアスケートのライスト見ながらツイート警備したり、アマゾンプライムで今期のアニメをチェックしながらツイート警備しないといけないので、もちろんPCモニターを二つ設置したい。

実際の大きさがどれくらいか心配していると、営業さんがメジャーを持ってきてくれて実際の大きさを示してくれた。
更に机の横に作り付の本棚の提案をしてくれた。超便利そう。

細かい所の打ち合わせをすることで、まだ見ぬ(どころか決まってすらいない)新居での生活のイメージが具体的になってきた。
最初の打ち合わせは不安でいっぱいだったのに、なんだかとても楽しくなってきたぞ。
話し合いを何度も重ねないといけないっていうのは本当だな。

お金のことも具体化してきた3回目

前回の打ち合わせ時にでた見積もりで、金額高すぎ!住友無理!!となった。
これをなんとかなりそうな額に下げるべく、提案工事の部分にメス入れを。

提案工事は簡単に言うとオプションのこと。
具体的にはカーポートやウッドデッキ、今回提案に合った玄関の手洗い場やスタディスペース横の本棚等の収納などなど。
これらが本当に必要か検討していき、どんどこ金額を下げた。

カーポートはなんとなく要望していたけど、現在雨ざらしにしているが特に困ってないな、不要!
ウッドデッキ、素敵だけど不要!
ウッドタイル、・・・?なんだろう、これは。
営業さんに確認すると、これのこと

住友林業HPより( https://sfc.jp/bunjyo/kamiyashiro/housedesign/

ウッドタイルとは住友林業らしさがでるアイテムの一つで、営業さんが地味に勧めてくる。
控えめに言って不要なのだが
「玄関正面に何かしらアクセントがあった方がいいですよ!」
「提案工事を金額的に余裕を持たせた方が、後々の 金額を削る作業ばかりでなくなり楽しいですよ。その部分としてウッドタイルだけ残しておきますね!」
と、ずっと見積書に残り続けている。
営業さん、どんだけウッドタイル好きなんだ。

建物の価格だけでなく土地についても話が進んだ。
現在紹介してもらっている土地は住友林業の土地でなく、別の不動産屋さんから紹介してもらっている。
この土地をキャッシュで買うか買わないかで30万弱ほど金額が変わってくる。
つなぎローンという、ちょっと納得のいきにくいシステムと登記費用が減るためである。
土地だけキャッシュで買うのもなかなかしんどい話だけど、30万は大きい。
どうしよう。

そして住宅ローンについて。
仮に契約したとしても住宅ローンを組むまでには少し余裕がある。
余裕はあるが、決算期に色々な会社がキャンペーンをしているので申し込みを複数社でしておくといいとアドバイスを受けた。
営業さん的には松山市のJAがイチオシ。
金利もだが、団信等の条件もよく比較して決めていかないと。

具体的な話をし始めると、住友林業で建ててる気分になってくるけど、まだ決めてないんだからね!

間取りが具体的になってきて、お金をどう支払っていこうか考えているとうっかり住友林業で家を建てる気持ちになってくるけど、実際はまだまだ検討中。
新日本建設さんの見積もり待ちだし、これから一条工務店とセキスイハウスの見学も行くし!

そうは言っても3回も打ち合わせをしていると、営業さんや設計士さんに若干の親しみを感じてきているんだよな~
間取りも一緒に考えた感があって愛着が沸いていることは否めない。
正直、新日本建設さんや他の建築会社がここから覆すのはウルトラCみたいな案を見せてくれないと難しいんじゃないか。

突然だが私の恋愛のバイブルは『失恋ショコラティエ』で、
心の師匠サエコさん。
彼女は「どんな男子にもウケる最強の女子」を「近所に住んでる子」と言っていた。
なぜなら会える頻度が高いから。接触回数が多いと好感度も上がるよね。

建築会社選びも一緒かもれない。
打ち合わせをした回数、顔を合した回数が多い方が有利だ。
どちらかというと新日本建設さんの方が近所なのだが、会う回数が多い住友林業さんの方が圧倒的に好感度が上がっている。
見積書や設計を作るのは時間がかかるのだと思う。が、住友林業は3週間弱でそれを3回やってのけている。これが大手ハウスメーカーの実力か。。