松山で人生を充実させるための家を買う
㉜新日本建設・見積もり打ち合わせ

相見積もりで比較できる項目

複数社に見積もりをお願いする時、比較するのは金額と間取り、あとは外壁や太陽光・キッチンなどの標準設備だと考えていませんか。
確かにそれらの項目も比較するうえで重要だが、最も差を感じたのは会社と営業のやり方だった。

新日本建設さんは以前も書いた通り、自然派素材にこだわった会社で営業さんもそれを全面プッシュする。
そしてモデルハウスの土間玄関に囲炉裏を持ってくる自由な発想も素敵な特徴。
そんな新日本建設さん、ワクワクしながらプランを披露してもらった。

まず注目したのがガレージ!これは全然要望していなかったので大胆な提案だった。
ガレージから玄関と勝手口両方に繋がっていて、雨の日や車でたくさん買い込んだ時にとても便利そう。紹介してもらっていた広い土地を有効活用している。
次に目立ったのはウッドデッキ。南側に大きくとっていてとても雰囲気がありそう。

と、素敵な家だったのだけど金額が‥‥。
かなりグレードを上げなければ、 住友林業と比較して300万円ほどは安くなると聞いていたのだけど、ほぼ同額に。
ガレージを設置して延床面積が住友林業より3.5坪広くなっているのが要因と思われる。

新日本建設さんは素敵な会社なのだけど、コストが抑えれると思っていたのも魅力の一つ。予算を抑える方法を営業さん・設計士さんと一緒に考えた結果
・ガレージを車一台分に縮小
・ウッドデッキを削減
・柱の太さを一般的な会社のサイズに落とす
・壁材を一部油脂珪藻土でなく普通のものにする。
うーーーー!魅力がどんどん削れていく(><)

一般的な方法なのだろうけど、もっと新日本建設さんの良さを残した削り方を提案してほしかった。
自然派素材を売りにしているけど、現実との兼ね合い(予算)が発生した時は削っていくのもやむなしみたい。

新日本建設と住友林業の打ち合わせ比較

新日本建設さんは予算を抑える作業をする時に、全てではないが自社の魅力を減らす方法を選択していた。
対して住友林業さんは、けっこう自社の魅力ポイントは残そうとする。
ウッドタイルが見積もりの中に最後の最後まで残っているのが、その最たる例。
どこを削っているかというと、わが家の要望をよくよく聞いて、カーポートなど実はいらない部分をなくしたり、設備のグレードを抑える方法をとる。

対照的な方法に感じるが、住友林業がこの方法をとれるのは、何度も打ち合わせをしたからだ。
つまり新日本建設と住友林業の一番の差は、約3週間で打ち合わせをした回数であり、3週間というリミットをわが家に設け、毎週打ち合わせをやってのけた住友林業の営業さんの力なのである。

新日本建設さんも毎週打ち合わせをしていたら、もっと納得のいくプランになって、魅力を減らさずにすんだかもしれない。
ただ、毎週打ち合わせをする準備(資料の用意)は相当大変なのだと思う。
新日本建設さんはすごく急いでもらって、住友林業への回答日に間に合わせてもらった形だった。

これが大手と工務店の大きな差だと感じた「打ち合わせの速さ」
毎週打ち合わせは大変だったが、営業さんのレスポンスが丁寧かつ早かったので負担にはあまり感じなかった。

ということで、わが家は住友林業で契約することに決定(^^)

見学だけでは分からない部分

その会社の魅力や方針はモデルハウス見学や完成見学などで見ることができる。
見積もり作業は、実際に自分たちの要望を汲む作業・予算の関係で要望を削っていく作業になる。
その作業で建築会社のと相性や、現実的なスタイルが分かってくる。

気になった会社の魅力を良く知ることができ、確信をもって建築会社を選べるので相見積もりをとることは大事。
新日本建設さんに相見積もりをお願いしたと、住友林業の営業さんに伝えた時はとてもがっかりされたが(ごめんね)、自信をもって住友林業さんを選べてよかった、よかった。