住友林業で人生を充実させる家を建てる
③南側玄関案

南側玄関案がどうやっても良くならない件について

杞憂: 心配しないでいい事を心配すること。

前回は西側玄関案を詰めたが、今回は南側玄関案を検討。
建築予定の土地は南側道路で東西両方にお隣さんの家が来る予定。
西側玄関にした場合、隣のお家との間は120センチ(わが家から隣家との境界線まで)+100いくらか(西側のお隣さん家と境界線まで)
しかもお隣さんの家の土地は70センチくらいうちより高くなる。

玄関までのアプローチ、狭くて暗くならないかしら・・・。
そんな心配から南側玄関も検討することに。
この南側案、なかなかしっくりくる間取りにならない。

たたき台として示してくれた間取りが全然好きじゃなくて。
リビングが窓側で落ち着かない
玄関にスペースを取りすぎている
なのに エントランスクロークが小さい
収納もスペースをとりすぎている
トイレの下にキッチンがあるのは家相的にNG

この不満をもとに設計士さんが直してくれたり、
夫が自分のイメージを〇でおおまかに示すゾーニングで伝えたり、
それを修正した間取りにさらにダメだしをしたり、
めっちゃ修正してもらったけど、どれもイマイチ。
多分、西側玄関案と比べてしまっているから。

キッチンとダイニングが離れすぎ(西側玄関案は近い)
ファミリクローゼットの位置がお客さん用動線上にある(西側玄関案は家族動線上にあって便利)
掃除機を置ける収納がダイニングだと不便(西側玄関案はリビングにある)
駐輪所が玄関の正面にこないほうがいい(西側玄関案はスタディスペースの前で良い感じに目隠しになる)

とても気に入っている西側玄関案に対して、同じことを南側玄関案に望んでしまうと、どうしても矛盾した要望がでてきてしまう。

心配しすぎはよくない

結局、南側玄関案の修正は諦めて西側玄関案に決定。
これだけ修正しても納得できないなら、玄関が多少暗くても西側玄関案にした方が後悔しないだろう。

実は南側玄関案を詰めながら、西側玄関のアプローチについても検証していた。
アパートの共用廊下の幅がだいたいアプローチと同じ幅。狭いとは感じない。
同じくらいの隙間のある家をしげしげ眺めてみる(不審)。午前中は多少暗いがそれ以外の時間は大丈夫な気がする。

そして建築士さんも営業さんも「そんなに心配するほどじゃないと思う。」と何回か言ってくれていた。
外構担当の方に至っては「暗さを雰囲気につなげる演出をしましょう!」と色々やり方を提案してくれていた。
私もノリノリで考えていた。

心配しすぎだったんじゃ・・・。

これに関しては本当に申し訳なかった。
南側玄関案を考えるのに、住友林業もわが家もかなりの労力と時間をかけてしまった。「暗さ、大丈夫じゃね?」ともっと早々に見切りをつけていればよかった。
まぁ実際に暗さが大丈夫かどうかは家が建ってみないと分からないんだけど。
杞憂であってほしい。

実はこのこと以外にももう一つ心配しすぎたことがある。
契約後営業さんの出現率が低くなり、かな~り不安になってしまったわが家。
営業さんのファンだからね。
営業さんにその不安を伝えると、設計士さんと営業さん両方と日程が合う日に打ち合わせを入れてくれるようになった。

なったけど、、、2・3回打ち合わせをしていると、設計士さんだけとの打ち合わせでも不安はない気が。
逆に営業さんがいると手持無沙汰感が、、、
忙しいのに申し訳ない。
すまん

そして営業さんに、もう設計士さんとだけで大丈夫と伝えた。
すると、「私も打ち合わせ、参加したいです!」となんだか面倒くさいキャラクターに!
気を使ってくれているんだと思うと、本当に申し訳ない。
営業さん良い人。

建築会社をもっと信頼すべし

家は大きな買い物だから何かと心配になる。
心配になるけど、心配だからこそ、建築会社さんを信頼しないといけない。
そう思った失敗だった。

プロにお墨付きをもらったことをすんなり大丈夫としたら、いらぬ労力や手間をかけないですむ。
そして本当に大事な部分に時間と力を注ぐことができる。

右往左往した結果、おおまかな間取りがなんとか決まった。
決まったけど、ここから更に金額調整するために色々諦めたり、インテリアとして照明や壁紙を決めたり、外構や設備、スイッチやコンセントの位置まで考えていかなければいけない。
こんなに悩んだのにまだまだ先は長い。

これからはもっと建築会社さんを信頼して、いらぬ心配をしすぎないようにしよう。