住友林業で人生を充実させる家を建てる
番外編・住まい博レポ

松山支店の住まい博の概要

建築会社選びのイベントの一つに工場見学がある。
そのHMのパーツが丁寧に作られているか、実際の強度はどれほどのものか、生産過程や実験で示してもらえる。

セキスイハイムや一条工務店は工場見学がある。
でも家のパーツを工場生産していない住友林業は、工場見学がない。
そんな住友林業の工場見学の代わりになりそうなものが住まい博!
BFの実物展示やBFと軽量鉄骨の強度比較の実演をしてくれる。

・・・大阪とか横浜はね。

会場が松山支店のため、そんな大掛かりなものはなかった。
でも家づくりの参考になればと参加。
大まかに分けると以下のイベントが実施されていた。
・各種セミナー(ZEHや水回りお手入れ、設計について等)
・キッチンやお風呂のメーカーさんによる説明
・ホームテック部門による、子供向け工作やボルタリング、家のお手入れ相談会

大阪や横浜と比べて参加したので、正直そんなに期待していなかった。
参加してみると、意外と楽しかった(*^^*)
特にホームテック部門の工作やボルタリングは子どもと一緒にしたので、ちょっとしたお出かけ気分を味わえた。

本命はセミナー
どんなセミナーがあるかはポスターやHPにはZEHセミナーしか記載がなかったけど、他にもいくつかあったみたい。営業さんや住友林業の人に詳しく聞けば全部から選べるよ。
詳しく聞かなかったので例示であげられたZEHセミナーと設計セミナーに参加。 個人的には水回りのお手入れセミナーの話を聞きたかった。

設計セミナーは住友の設計方法についての説明が主だった。
既にプラン確定までいっている私が聞く意味はあるのか(笑)
間取りやインテリアについてわが家は主に、住友林業の実例集「自家自讃」を参考にしている。
住友らしさという面ではとても参考になり、「こういうことしたいな~」と思うことも多い。ハンギングチェアがそれ。
そういう反面、さすが実例集に載っているお家。超豪邸。
広いし装飾にも凝っているのが多い。
だいたいの家が吹き抜け装備。中庭があったり、夜の大人のお楽しみバーを設置、高級車をリビングから眺められるガレージとかね。
ちょっと参考にしにくい。

セミナーで紹介された施主さんはインスタで情報収集していた。
確かにインスタならたくさんの情報があるので、自分にあったイメージを集めらる!
と思ってやってみやけど、がっつり個人情報の家の間取りやインテリアを広範囲で写したり、詳しく載せている人ってあんまりいなくて、個人的にはそこまで参考にならなかった。
「もう少し奥の方の写真!」「ここをキッチンから見たらどうなるの!?」と、もどかしくなることが多かった。

大本命、ZEHセミナー

ZHEとは Zero Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。家の断熱性・省エネ性能を上げて、太陽光発電とかして、光熱費の収支をプラマイ「ゼロ」にすること。
今回はこれを目指すために家の断熱性についての話だった。
断熱性が高いと良いことたくさん。
光熱費の収支が0に近くなるのでお得!
夏は涼しく、冬は暖かく快適。
家庭内の温度差が少ないため、急激な温度変化がなく体にかかる負担が減る。つまり健康的!
壁内のカビを防止できて衛生的

リクシルの人がリクシル製品「サーモスX」という窓を紹介してくれた。
断熱性というと、うっかり断熱材に頭が行ってしまうが、窓の断熱性も侮れない。
リフォームで壁には手を付けず、窓を総替えするだけで70%断熱性がアップするのだ。
その仕組みはガラス面とサッシにある。

ガラス面は複層にしたり、熱伝導率の低いガスを封入したりで、サッシは複層構造にすることで断熱性を上げている。
一般的に樹脂サッシが一番断熱性が高い。しかしサーモスXは外側はアルミになっている。
何故なら北海道以外だと紫外線が強いため樹脂サッシが劣化しやすいのだ。
一条工務店は外側と内側両方樹脂サッシの窓を使い、断トツの断熱性を誇っているが、サッシについて10年後にメンテナンスが必要になってくるかもしれない。
快適さというのはマメな手入れが必要。
一条工務店を検討している方は営業さんにそのへんも確認してみるといいかも。

また、サーモスXは従来品より窓枠がスリムになるため、光をたくさん採り入れることができ、部屋が明るくなる。
暖かいうえに明るい。人の性格で考えると最高やん。
いや、家の性能としてもかなり良い。

断熱性能をあげるということ

断熱性を上げたら、快適になることや光熱費が抑えられることは知っていたけど、健康的とまでは知らなかった。
確かに暑すぎたり寒すぎたりしたら、死にそうって思うからね。快適に過ごせるなら体にいいわな。

断熱性のを上げるだけでなく、窓の本懐「光を採り入れる」ガラス面まで広げるなんてサーモスXは凄いなぁ。

とまだ使ってもいないサーモスXについて褒めてみた。