住友林業で人生を充実させる家を建てる
⑤コストダウン回

納得できるコストダウンの方法。削除・グレードダウン・代替案を使い分ける

マイホームは夢がいっぱい。
リビングは間接照明をつけて雰囲気を出そう。
ママのワークスペースをキッチンの裏に作って、趣味の洋裁を楽しもう。
10年間洗浄不要のレンジフードにして、楽しよう。

そういったフワフワな気持ちから一気に現実に戻してくれるのが、見積り。
今回は暫定の見積もりを元にいったんコストダウンをした。
ちなみに現時点で予算100万円ほどオーバー。
まだインテリアや外構が最低限になっているのに、、、おそろしや。

コストダウンの方法は削除しかないかと思っていた。
リビングを広く見せている折り合上げ天井を諦めようか・・・
スタディスペースを諦めようか・・・
収納を減らす?窓の数を減らす??ウッドタイルなくす??

何をなくすか戦々恐々としていたが、じっさいに削除したのは外観の軒天塗装(-10万)とトイレ内の手洗い(-10万)。
軒天塗装は当初からコストダウン要員で、トイレ内の手洗いはトイレ出たところにセカンドドレッサーを置いているので不要と判断した。
他はグレードダウンや代替案で対応でき、何かを諦めることはなかった。

グレードダウンしたものは脱衣所とセカンドドレッサー。
住友クレスト製品からリクシル標準製品へ変更した(-10万)。
脱衣所は座ってゆっくり化粧ができるオープンタイプのものから、洗面台のみのものに。
私自身そんなにしっかり化粧しない人種だから座れなくてOK。座れない代わりに、リクシルの洗面台には化粧道具を収納するのにちょうどいいスマートポケットがついている。これはこれで便利。

ただいま手洗い


玄関ホールに設置するセカンドドレッサーは見た目がすっきりする「ただいま手洗い」から、脱衣所と同じドーンとした洗面台に。
玄関から曲がったところにあるし、壁に埋め込むから見た目は気にしなくて大丈夫(なはず)。

代替案で替えたものは収納系のドア。
屋内のドアは基本的に引き戸にしていたが、WICとファミリクローゼットのドアを折戸に変更 (-3万×2か所)、ECはロールスクリーンに変更(-5万)。
全部ロールスクリーンに変更することも考えたけど、基本的に開けっ放しになりそうなので、クローゼットは折戸にした。他の部屋から臭いが行くと嫌だしね。
また屋根を切妻から寄棟へ 。ネットの情報だと切妻が一番コスパいいみたいだけど、住友林業だと1万×坪数で寄棟の方が安いらしい。
太陽光発電だけで考えると南面に面した切妻の方が安かったけど、差し引いても15万ほど寄棟が安かった。
屋根の形が妥協できるなら、一度計算してもらうと意外と安くなるかもしれない。

お得におしゃれな家に!キャンペーンは値引きだけじゃない。

住友林業3種の神器の一つウッドタイル。
わが家は別につけたいわけではないのだけど、営業さんがウッドタイル大好きマンなので、ずっと見積書と間取りシミュレーションに居座り続けている。
今までは玄関入って正面の壁にアクセントとして張り付いていた。

今回はリビングのテレビ側の壁全面がウッドタイルに侵食されていた!
インスタで見る例やモデルハウスのウッドタイルはとても素敵に見えるけど、ちょっとうるさい感じがして自分ちにつけるのは躊躇う。
というか価格・・・。

と思っていたら、キャンペーンを活用しているため価格は高くなっていないとのこと。寧ろウッドタイルをなくすと、高くなるかもしれないらしい。
設立70周年の 「住友林業プレミアムセレクション」というキャンペーンで、以下の項目で用意された商品を、選んで家に追加できる。
・外壁アクセントタイル
・内装グレードアップ(ウッドタイルと床材)
・キッチンのグレードアップ
・バスルームのグレードアップ
各商品の使える面積や、組み合わせ方はそれぞれの家によって異なるので設計士さんに計算してもらいながら決めていく。
2019年10月時点のキャンペーンなので、今は終わっているかも。

とりあえずウッドタイルと床材をグレードアップしてくれているだけで、外観やキッチンお風呂のグレードアップに使って、ウッドタイルをなくしてもいいとのこと。
外観や設備を選ぶ回まで保留にしようと思ったが、好みじゃなさ過ぎてリビングのウッドタイルは外してもらった。

外してもらったけど、お得につけられるのならつけたくなるのが人情というもの。どこかつけれるところないかしら。
そして白羽の矢が立ったのがアイランドキッチン!
アイランドキッチンの正面にウッドタイルボーダータイプをつけたら、そこまで主張がないけどお洒落な気がする。
設計士さんからも「部屋に個性がでて良いですね」とOKをもらいキッチンにウッドタイルを施すことにした。

キャンペーンといえば値引きするものばかり考えていたけど、グレードアップするものあるのね。
住友林業で建てるとなるとお財布事情が辛くなるところ。
装飾やグレードはコストダウンの対象になりがちだけど、今回のようなキャンペーンを上手に使えばおしゃれな家も実現できるかもしれない。
全然考えていなかったけど、ウッドタイルも良い感じになったし、外壁タイルも活用しておしゃれな家にしようかしら。

金額的にも内容的にもOK。プロの力を存分に借りるコストダウン

コストダウンを考える時、自分たちで考えると「贅沢な箇所」→「こだわっている所」が削除・グレードダウン対象になりがち。
私の一番のこだわりは、リビングを折り上げ天井にしてハンギングチェアを吊るすこと。だけど、やはりコストダウン考えた時に折り上げ天井やめた方がいいかもとよぎった。

実際に設計士さん営業さんとコストダウンできる箇所を探していくと、意外と不要な場所やグレードダウンしてOKな場所が出てくる出てくる。
収納の扉や洗面台がその最たる例。

この作業の時大事なのは
「下げられるところ他にないですか?」と何度も聞くこと。
自分がいらないものは、はっきりと言って削る方法を模索すること。
この二つができると、自分たちが思いもよらなかったコストダウン方法を提案してくれる。

営業さんと設計士さんが頑張って考え、提案してくれたことで納得のいくコストダウンができたのであった。
これからインテリアと外構でまた金額が上がってしまうのだけど。。。。